高身長女性の感じやすいクリを刺激してあげました

今回の応募はこのサイトをいつも見ていてくれていた保育士のはるなさん25歳。

催眠に興味があって自分も体験してみたいとのことで、応募してくれました。

私と待ち合わせして会ったときに、モデルさんかなと思うぐらい背の高い女性で、目だっていたので分かりやすかったですね。

お茶をしているときは身長が高いことは忘れていて、立ったときにまた思い出すので、彼女は足が長いんだと気づきました。

純日本人だと足が長い人ってあまりいないのが現実なので、祖先でどこかの血が混ざっていることを話していたら、おばあちゃんがクォーターだと教えてくれました。

そんな彼女ですが、なんと催眠がかかりにくいタイプの人でした。

催眠をかける番組をよくテレビで見ますが、見事にかかっていることが普通の様に見えますが、あれは事前にかかりやすい人を選んでいるのです。

催眠にかかりやすい人とかかりやすい人は、依存意識が強いこと、創造力が豊かであること、思い込みが強いなどが上げられます。

そして今回のはるなさんはカフェで話していて、見た目通りサバサバした感じの自立した女性といったイメージで、催眠にかかりにくそうだなと思ったのですが、思ったとおりでした。

自宅で手がまんこになる催眠や歩いてイク催眠を試したのですが、ことごとく失敗し、ブログが偽物だと思われないかヒヤヒヤ。

そんなところで、はるなさんの感じやすい部分を見つけてそこから突破口にする作戦にしました。

はるなさんはクリが感じるみたいで、クリップをつけてあげました。

クリップを少し刺激しただけで、数十倍の気持ち良さを味わえる催眠をかけたところ、やっとかかってくれました。

それ以外はなかなか上手くいかなかったので、はるなさんに催眠自体を疑われることにならなくてよかったです。笑

クリップが気に入ってもらえたみたいなので、これははるなさんにプレゼント。

そして残りの時間は肌を寄せあってまったりおしゃべりをしたり、シャワーをしてから保育士の仕事についてお話したりして、楽しい時間を過ごしました。

次回はもっと上手く催眠をかけてあげられる約束をして、本日はタイムアウト。

なぜなら、こういったタイプは何度か顔を合わせることで親近感が湧くのです。

そういった心理学的要素もあるので、催眠は人によってかかりやすい、かかりにくいなどが起こるんですね。

次回を楽しみにしているとメールをくれたはるなさん、素敵な時間をありがとうございました!

女性向け性感リンパマッサージを受けました!

とあるリゾートホテルに滞在したとき、リンパ性感マッサージを受けました。

 もともと、口のきつめの靴下をはくと、短時間でもゴムのあとができるくらい脚がむくみやすい体質です。少し脚を使いすぎたときなど、脚のむくみでパンパンになり、靴を履くのもつらくなることがあります。


 とあるリゾートホテルでいったときも、旅行中で塩辛いものを結構食べたことと、長い間歩いたことから、下半身がぱんぱんでした。で、急遽そのホテルで、リンパ性感マッサージを受けることにしました。少々お高い料金ではありましたが、旅行で少し気分が大きくなっていたことと、旅行中はずっと自分のご褒美、という感覚がありますので、ちょっと贅沢をしました。


 性感マッサージは女性の方が行ってくださいました。まずは、フットバスをして、足を温めるとともに、洗ってから始められました。私は横になっていましたので、具体的な方法は見ることができませんでしたが、感覚的には、足先から、リンパの流れにそって、力強く押していかれ、股関節の近くまで、手を滑らしていく感じで性感マッサージをしてくださいました。

か弱い女性ですから、むくみのとれるような性感マッサージができるのかな、と思っていましたが、全然大丈夫でした。自分では、足先から足の付け根まで一気に性感マッサージをすることは無理ですし、足の後ろ側もうまく性感マッサージすることはできませんので、行っていただき、むくみが随分軽減し、また、足が軽くなったので大満足でした。

女性向け性感マッサージならミダレザクラ大阪

性感スポーツマッサージは痛かった

韓国に遊びにいったとき、性感マッサージをしてもらいました。そのお店は、某有名スケート選手も利用している、と口コミにあったので、そこを選び、予約をしました。

 お店でおすすめは、スポーツ性感マッサージだといわれ、趣味で運動をしていることもあり、全身のスポーツ性感マッサージをお願いしました。

 私を担当してくださったのは、大変体格のよい男性でした。いい年をしているので、男性だから恥ずかしいわ、という思いは、若い人より少ないといっても、ウエアの上からとはいえ、全身を触られるのは抵抗がありました。まあ、力強く性感マッサージをしてくれ、そのときも、痛いなあ、とは思っていたのですが、スポーツ性感マッサージだからこんなものかな、と思って、あとできっと楽になるんだろう、と思って、我慢をしていました。

 翌日から3日間くらい、揉み返しというのでしょうか、もう全身が痛くて、特に背中が痛くて、私に触らないで、といった感じでした。もしかすると、効果があったのかもしれませんが、自分の感覚ではさっぱりよさがわかりませんでした。友達も一緒に性感マッサージを受けたのですが、同じ感想で、結構な料金を支払いましたけど、あれは本当に良かったのかどうなのか、と思いました。

 ただ、よくよく考えてみると、その店は大勢のお客さんがいて、担当する性感マッサージ師さんも大勢いるわけで、有名スケート選手を担当した人は、VIP専用の性感マッサージ師さんで、一般人は担当してもらえていなかったのかも、と思いました。そういった広告につられることなく、性感マッサージのお店を選ぶ必要があると思いました。

大阪難波の女性向け性感マッサージに行きました。

年に一度は大阪へ行くので必ず一度は大阪の女性向け性感マッサージを受けに行くのですが、フット性感マッサージか全身性感マッサージを受けます。フット性感マッサージは1時間コース、全身性感マッサージは1時間または2時間コースがあります。時間がなく1時間コースが多いです。料金の安さが魅力で店、場所に寄りますが1時間200バーツから400バーツ辺りの店に行きます。

前回1時間の全身性感マッサージを受けました。店に入り受付を済ませて服を着替えて個室ではありませんがマットレスが置いてありカーテンで仕切ってある場所へ。アロマの香りがほのかにして照明を落として施術中に眠ってしまうかもしれない感じです。
性感マッサージは足から始まり脚、腰、背中、腕、首、頭と進んでいきますが、凝っているのか私が好きなのは特に背中と腰が気持ちいいいです。

女性向け性感マッサージというとTV等で紹介されている映像からアクロバチックな体位が印象的ですがそれはごく一部です。人によって強めが好きとか柔かめが好きと好みがあるので出来ればリクエストした方が良いでしょうね、以前強めに押されてはっきり言って我慢していた時もあったのですが翌日にしっかり揉み返しで筋肉痛の様な状態になったこともあり気を付けています。
途中気持ちよくなってうす暗さも手伝いウトウトすることもしばしば、最後に胡坐をかいた状態でヘッド性感マッサージ、これがまた気持ちよくて好きですね。
施術が終わり、着替えて会計を済ませてハーブティーを出してくれます。時間があれば2時間がお勧めです。1時間ではちょっと物足りない気もするし2時間なら全身しっかりと性感マッサージしてもらえると思います。次回は2時間のコースでみっちり性感マッサージしてもらいたいと思いました。

大阪のホテルでアロマ女性向け性感マッサージ

私は36歳、4児の母親です。今は家で自営業の手伝いをしながら、一歳半の双子の男の子を見ながら、日中を過ごしています。双子のどちらかを一日中抱っこしていて、夜中は両サイドに子どもがいて、寝返りすらまともにできず、朝起きると腰が痛い…そんな毎日を過ごしています。

日本中には、同じように肩や腰を痛めて、性感マッサージ行きたい!と、思っている育児中のお母さんやお父さん方がたくさんいらっしゃると思います。
今回の出産後はまだ性感マッサージには行けておらず、前回の出産後に行った性感マッサージの話を今回書きたいと思います。

それは三年前でした。同じように育児で肩も腰もパンパンになり、かなり凝っている…そう自覚していた私は、どうしても凝りに耐えられず、性感マッサージに行きたい!と夫にお願いしていました。しかしわざわざ休日に、子どもを預かりたくない夫。平日に子ども連れていけば良い、と言われ、でもそんなお店は知らないので、ストレッチをしたりして誤魔化していました。そこに格好の機会がきました。家族旅行です。ホテルの部屋で子どもを見る位ならやってもいい、と上から目線で言われてかなり腹が立ちましたが、性感マッサージを受けたくて仕方のない私はもう一瞬で怒りを捨て去ることすら可能でした。

ホテルにチェックインして性感マッサージを予約して、少し遅めの時間ですが、ギリギリその日に予約が取れました。

性感マッサージに来てくれたのは私より10歳上くらいのお姉さんで、性感マッサージしながら子育てトークをしたり、私の肩は可愛そうな位凝っているとかどうでも良い話で盛り上がり、肩も心もほぐしてもらいました。

一回の施術でだいぶほぐれました。そこから三年して、またそれ以上に凝っている自信があります。また性感マッサージ行ける日を夢見て、今日もストレッチで誤魔化そうと思います。性感マッサージ行きたい!